儲かるビジネスモデルを知っていますか? - 黄助のネットビジネスですんげぇ役に立つブログ

黄助のネットビジネスですんげぇ役に立つブログ ホーム  »  学ぶ »  儲かるビジネスモデルを知っていますか?

儲かるビジネスモデルを知っていますか?

こんにちは、黄助です。


あなたは儲かるビジネスモデルを
知っていますか?

儲かるビジネスの4箇条を
知っていますか?


この4箇条を知っておくことで、
「お金を稼ぐ」
という部分で他の人よりも
圧倒的に大きな差が生まれます。

すでにご存知の方も多いかもしれません。
もう一度おさらいの意味を
含めてお伝えします。

「儲かるビジネスの4箇条」を・・


その4箇条とは・・・

1.初期費用なし
2.純利益が高い
3.在庫なし
4.継続課金制である

です。

この4つの条件を簡単に満たせるのが、

「ネットビジネス」

なんです。


では、その理由を「ラーメン屋」と
「ネットビジネス」で比べて、
ご説明していきます。


<1.初期費用なし>
初期費用なしというは、
「初期投資が必要ない」
ということです。

ラーメン屋であれば、
店舗を構えて、おしゃれな店にデザインして、
50食分の食器買って・・と初期費用で
1000万円ぐらいはかかります。


対して、ネットビジネスであれば、
店舗も食器も必要なく、必要な物は、
「あなたが使うだけのパソコン」と
「インターネット接続環境」のみ・・・

初期費用は、いいパソコンを使っても、
せいぜい、20万円ぐらいでしょう。
インターネット接続でも、工事費用を
入れて、1万円ぐらいです。


ラーメン屋だけでなく、他のビジネスと
比べても、ネットビジネスは、
ほぼ初期費用なしと言えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<2.純利益が高い>
純利益が高いというのは、
「あなたの手元に残る(収入)になる金額」
ということです。

ラーメン屋であれば、初期費用もかかり、
食材費用(麺やスープなど)もかかります。
なので、純利益率も30%前後になります。


対して、ネットビジネスであれば、
初期費用でパソコン、ランキングコストの
インターネット接続、で、純利益率は、
30%前後よりもはるかに大きくなります。

初期費用とランニングコストが
ほぼかかりませんからね、売上がそのまま、
純利益につながります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<3.在庫なし>
在庫なしというのは、簡単に言えば、
「在庫という概念がない」
ということです。

ラーメン屋であれば、食材を在庫として
管理するのにも限界があり、逆に、
売れ残ることもあります。
ある日は、よく売れて在庫がなくなり、閉店。
ある日は、全然売れず在庫が残り、閉店。

食材の在庫が余ったり、足りなかったり、
するということです。

言い換えれば、
ムダが非常に大きいということ。


対して、ネットビジネスであれば、
あなたの知識やコンテンツなどの
サービスを売るため、在庫が必要ありません。
というか、在庫という概念がありません。


在庫という概念がないため、
在庫が余ったり、足りなかったりすることは、
ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<4.継続課金制である>
継続課金制であるということは、
「継続するとサービスが利用できる」
ということです。継続しないと
そのサービスが利用できないので、
お客さんが課金してくれるのです。

ラーメン屋で食べ放題月額パスポートと
いうものを聞いたことありますか?

ないですよね。(笑)
言い換えれば、継続課金制にするためには、
固定客をつかんでいくしかないのです。


ネットビジネスであれば、
メルマガや、ソフトなどの月額課金のモノが
あります。ホリエモンのメルマガである
「ブログでは言えない話」も
月額課金なんです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この話を聞いて、
「ネットビジネスがいかに儲けやすいか」を
ご理解していただけましたでしょうか?

4に関しては、難易度が高いので、
まずは、1~3を満たしたサービスを
提供することをオススメします。



               黄助


追伸

今日の記事も役に立ったと思ったら、
1クリックの応援よろしくお願いします。
⇒ 人気ブログランキング

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kisukenoblog.blog.fc2.com/tb.php/40-6fcb370e