メルマガ読者100人突破した時の感想と、今後の思い - 黄助のネットビジネスですんげぇ役に立つブログ

黄助のネットビジネスですんげぇ役に立つブログ ホーム  »  メルマガ »  メルマガ読者100人突破した時の感想と、今後の思い

メルマガ読者100人突破した時の感想と、今後の思い

こんにちは、黄助です。


6月27日に、ついに私のメルマガ
「ネットビジネスですんげぇ役に
立つメルマガ」読者数が100人を突破しました。

登録者数延べ130人前後です。
(もちろん、止める人もいれば、入る人もいますし、
 登録してただいても、存在しないアドレス等も
 ありましたので。)

メルマガを書き始めて、
まるまる2ヶ月で達成できたのは、
みなさんのご協力があったこそだから、
と心より思っています。

ありがとうございます。
そして、今後も引き続き、
よろしくお願いします。


思い出せば、
2ヶ月前、、、

「資金いらずなので、成功しかしない!」と
言われているのを聞いて、ホイホイついてきました。

例えば、ラーメン屋であれば、
店舗を構えて、おしゃれな店にデザインして、
食器買って・・と初期費用で1000万円ぐらいは
かかると言われています。

そして、麺の仕入れたりと、ランニングコストも
非常にかかります。

言い換えれば、
初期費用も高く、ランニングコストも高い
ということで、失敗したときのデメリットが
大きいということです。

対して、ネットビジネスでは、
店舗いらずで、
必要な物は「あなたが使うだけのパソコン」と
「インターネット接続環境」のみ・・・

初期費用は、いいパソコンを使っても、
せいぜい、20万円ぐらいでしょう。

で、ランニングコストといえば、
インターネット接続だけ・・・。
月5000円あればいけますよね。
桁が違います。

まとめると、
初期費用もランニングコストもかなり低い。
売上が上がれば、そのまま利益に直結する。

言い換えれば、
「失敗しようがなく、成功しかしない」と
いうことですよね。


これってかなり大きいと思います。


それから、2ヶ月間、
アフィリエイトをやるなら、今でも最強と
言われている「メルマガ」をメインで
取り組んできました。

メルマガの読者確保は、
やっぱり「無料レポート」!

リスト収集方法では、まずこれをやるべきと
一般的に、言われていますね。

しかしですね、

私が読者100人集めて思ったことは、
無料レポートを提供しても、
無料レポートには興味があるが、
私のメルマガには興味がない。

といった方が多い印象を受けています。
(もちろん、全員ではないですが・・。)

やっぱり「メルマガ」で攻めるなら、
「私のメルマガに興味がある人を
集めていかなければ・・・。」
と思い始めました。

「無料レポート」というところで、
話が完結するのではなく、
ステップメールなどで次に話を
続けていったり、継続的に、
話を進めていくタイプが良いのかなと
考えています。


              黄助


追伸

今日の記事も役に立ったと思ったら、
1クリックの応援よろしくお願いします。
⇒ 人気ブログランキング


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

読者数すごいですね!

短期間でそこまで集められるなんてヤバイ!と思いながら読ませて頂きました。
無料レポートは効果的なんですね。
止めた方がいい!なんていう人もいましたが、あてにならないんだなとこの記事を読んで思いました。

2014-07-01 13:26 | from カネヤン

カネヤンさん、
コメントありがとうございます。

無料レポートは、意味がない
というワケではないですね(笑

メルマガでなくても、無料レポートから
「その作者ってどんな人だろう」
といった感じで、
「その作者へ視点(興味)を移らさせる」
のが大事だと思います。

2014-07-01 17:36 | from 黄助 | Edit

こんばんは、医療牛です

メルマガ読者100人おめでとうございます。

メルマガ読者は、無料レポートで集めるのも良いですが
やり方によっては、フェイスブックでも集められるみたいです。

僕はしたことがないですが
そこまで信頼されていないので(; ̄Θ ̄A アセアセ

2014-07-01 22:53 | from 楽しく情報商材アフィリ@医療牛 | Edit

医療牛さん、
コメントありがとうございます!

FaceBookは、実名でやるので、
相手からも信頼を勝ち取りやすそうですね!

実名を出すのは、私は、まだ抵抗があります(笑)

実名でなくてもできる方法があるのかな・・・
ちょっと調べてみます。

2014-07-02 02:01 | from 黄助 | Edit

トラックバック

http://kisukenoblog.blog.fc2.com/tb.php/35-0eac7127