3分でメルマガの開封率をドーンと上げちゃうテクニック!【エキスパートメール@無料体験版】 - 黄助のネットビジネスですんげぇ役に立つブログ

黄助のネットビジネスですんげぇ役に立つブログ ホーム  »  メルマガ »  3分でメルマガの開封率をドーンと上げちゃうテクニック!【エキスパートメール@無料体験版】

3分でメルマガの開封率をドーンと上げちゃうテクニック!【エキスパートメール@無料体験版】

こんにちわ、黄助です。


関東もついに、梅雨入りしてしまいました・・・orz
洗濯物乾かねーじゃん。

ま、それは置いといて、


エキスパートメール@無料体験版で、
迷惑メール行きを回避・解除・軽減する方法を
見つけたので、紹介します。

「SPFレコード」関連の話なので、
すでにご存知の方は、見る必要ないかも。



■迷惑メール判定されていた状況

元々、[メルマガ名]-[基本設定]-[メルマガ設定]-
[基本設定]-[発行者メールアドレス]を

kisuke.sendmailto[at]gmail.com

address.jpg

としていて、

・Yahoo!mail(ヤフーメール)
・Gmail(Gメール)

やらで、「迷惑メール」判定されていました。



■なぜ迷惑メールフォルダに入るといけないのか

で、迷惑メールに振り分けられると、どうなの?
といったところで、読者にメールの存在自体を「見られない」

なぜかというと、読者がいつも見るフォルダと
全く違うフォルダに振り分けられているから。

読者がいつも見るフォルダに振り分けられるようになると、
存在自体が見られるので、開封率の改善につながります。

というところで、
「どうにか迷惑メール行きを回避・解除・軽減!したいなぁ」と
思っていました。



■解決策のリサーチ!

で、少し調べてみると、
「SPFレコード」がウンヌンカンヌン・・・・・
エキスパートメールのSPFレコード記事

簡単に言うと、

「①.あなたのメルマガを発信する場所」と
「②.発信元として表示されている場所」が
一致しているかどうか

で、「迷惑メール判定されている。」



■私の状況はどうか

私の場合、
①がGmail、
②がエキスパートメール上
なので、迷惑メールを審査する人が

「あ、これ場所ちげーじゃん!
 迷惑メールじゃん!」

って、判決を下しているワケ。



■これが解決策!

「で、どうするの?」って話になるのですが、
②のエキスパートメール上でないと、
メルマガの送信ができないので、
①を変更してやる!


具体的には、[ホーム]-[お知らせ]に
『現在のドメイン:***』を確認する。

domain.jpg

表示されている「****」の部分をドメインとした
アドレスを上で書いた「発行者メールアドレス」に
割り振る!


例えば、『現在のドメイン:hoge.jp』だったら、
[発行者メールアドレス]に、
「send.only@hoge.jp」
とか入れてやる。

@より前(左)の部分は何でもOK!


これをすることで、
ヤフーメールとGメールでは、
迷惑メール判定されなくなりました。



■まとめ

●方法
[発行者メールアドレス]に、
『現在のドメイン:***』を使った
アドレスを入れる。

●メリット
・迷惑メールを回避・解除・軽減できる!

●デメリット
・メルマガの一斉配信完了メールが受け取れない。
 (但し、操作画面にログインしたら、確認可能。)
・架空のメールアドレスでメルマガを配信することになる。
 (読者が返信してきても、NotFound通知が行ってしまう。)
・エキスパートメールの会社が「OK」を出すかわからない。

以上、自己責任でお願いします。


追伸

ちなみに、プロ版だと、『現在のドメイン:***』の
「***」使ったアドレスがちゃんと用意されます。
これを使うと、デメリットは全て解決して、
メリットのみになりますね。

やっぱお金出すだけ違いますね。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kisukenoblog.blog.fc2.com/tb.php/20-9b41c9a6