ビジネスにおける、攻めの姿勢 - 黄助のネットビジネスですんげぇ役に立つブログ

黄助のネットビジネスですんげぇ役に立つブログ ホーム  »  学ぶ »  ビジネスにおける、攻めの姿勢

ビジネスにおける、攻めの姿勢




おはようございます!こんにちわ!こんばんわ!

黄助です。


いきなりですが、
ネットビジネスだけでなく、
ビジネスにおいて、
【攻めの姿勢】ってやっぱ重要なのかなぁと思うこの頃。



■攻めの姿勢に対する私の見解


あるレポートを読んですごく感じたことがあります。
それはこれ。
⇒ ■新規メルマガの読者、商材の見込み客を1週間で1500名集める方法



これ本当は言いたくないのですが、

このレポートは本当に価値があると思いました。


実際にこのレポート内容にスパイス(独自のアレンジ)を効かせて、

実行してみようと思います。



本当に感謝の言葉がもらえるか?

うざがられないか?

とか不安もありますが、

おそらく、ネットビジネス初心者が
喉から手が出るほどほしいものを手にいれられるかなって思います。




ネットビジネスで有名な「与沢翼さん」、「小島幹登さん」も、

初めは(今も)攻めの姿勢を持っていると思われるエピソードがあります。




■攻めの姿勢のエピソード


与沢さん」は、メルガマ発行前に、リストを集めるために、

スーパーアフィリエイターの「川島さん」にアプローチしたそうです。

詳しくは覚えてないのですが、

3000万借金(数カ月後払い)し、先にリストを得て、

7000万ぐらい稼いだそうです。


稼いだ額もですが、いきなりトップに駆け寄った度胸もすごいです。

が、最初は断られたそうです。

そこで、「女」を紹介するということで、

契約に至ったそうです。


まさに、自分の武器を知っていて、それをフル活用し、

【攻めの姿勢】だったと思います。




また、「小島さん」も最初は、

独自の健康食材?を販売したかったらしく、

それを店舗における店を探したそうです。

その探した方法ですが、

タウンページを用意し、

北海道から南下するように、

順番に
かけていったそうです。

まさに【攻めの姿勢】ですね。




■まとめ

大物、もしくは大物になる可能性のある人は、

少なからず【攻めの姿勢】を持っていると思います。


天才と呼ばれるような人は、少なからず努力している。

努力なしで天才と呼ばれるような人は、いない。

と同じような雰囲気を感じさせられました。



最後にもう一度オススメの無料レポートなので、

こちらにURLを貼っておきますね。

■新規メルマガの読者、商材の見込み客を1週間で1500名集める方法




関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kisukenoblog.blog.fc2.com/tb.php/10-1d51c89c